わたしたちが宿泊したホテルは、
ハマースミスにあるノボテル ロンドン ウエストでした。

空港からも中心部へもアクセスが便利で、駅周辺にはいろいろお店もあります。
館内どこでも使えるWi-Fi(無料)が使えて良かったぁ〜
ロビーにはPCも設置されていて、時間制限付き無料で使用できます。

予約した部屋は、ルームサービス朝食付き。
(私たちのプランでは:館内のオープンレストランでとる場合はプラス10ポンド)

朝食メニューのチェックシートに記入して、
翌朝運んで来てもらうというシステムでした。



紅茶を頼むと、テトリー(Tetley)のティーバックとお湯の入った保温用ポット。
ミルクもたっぷり別ポットに添えられています。

P_20170609_070506

運ばれてきた保温用ポットのお湯は、少しぬるくなってしまっていて
残念ながら、美味しく淹れられない。
水色も弱く、ミルクを加えるとキャラメル色とは程遠い
ネズミ色+茶色・・。

部屋に備え付けの湯沸かし器を使って、
洗面所から水を汲んでアツアツに沸かしたお湯で淹れた紅茶は
ミルクと混ざるとキャラメル色になりました♪

見た目ってダイジ〜〜☆



勝手な推測だけれど、
ルームサービスで運んできてくれるお湯は軟水なんじゃないかな。
軟水であることはうれしいことなんだけど、
なんと言っても ヌルいのは致命的だね。
仕方ないけど。
※硬水の地域のレストランや家庭では浄水器ブリタなどが大活躍。
 ベルギー在住の方の話では、ブリタはもちろん軟水器を取り付けているとか。


洗面所の水道水の場合は、
白いマグカップにたっぷり茶渋が付くほど、
味はともかく水色が濃く ザ・硬水!って感じ。これぞ海外。
※自己満足です・・・^^


P_20170610_070145
部屋に常備されてた紅茶はTwiningsのEverydayというもの。


P_20170613_065154
常備用ミルクはポーションタイプのもので、日本では見かけないなぁ。
日本のコーヒーフレッシュに比べひと回りくらい大きいサイズです。

朝食に付いてくるチーズはもちろん、
ミルク、常備用ミルク、乳製品はとにかく美味しかったです!

日本に比べると、なんだかクセがない。
サラッとしてて、後味に尾を引かない感じ。

このポーションタイプ、見つけたら買って帰りたいぃ〜☆

ちなみに〜
KLMではスリランカのディルマ【Dilmah】 ティーバッグでした^^