まるで絵本のよう〜
はちみつ色のレンガで建てられた町並みが広がるコッツォルズへ行ってきました。
RIMG1639
自分たちで気ままに行ってみようとも考えたのですが、
ロンドンとコッツォルズを結ぶバスは1日数本しか走っていなかったり、
名所を数カ所移動するには距離もあり大変そう。

わたしたちは日本からMyBusツアーの1日観光に申込みました。
訪れたのは4つの村。
【 バイブリー → ボートン・オン・ザ・ウォーター →
  ストウ・オン・ザ・ウォルド → チッピング・カムデン 】


もぉすてきでした〜〜〜☆
日程さえ許せば、ぜったいぜったい一泊はしたい!!
RIMG1627
バラってこんなにステキなの〜

RIMG1637
気持ち良さそ〜



RIMG1644


RIMG1645
ため息が出る美しさ。

どんな人が住んでいて、どんな暮らしをしているのかな。

村々には私たち日本人だけでなく、
欧米諸国の人たちを乗せた観光バスも観光していました。


どんなふうに取り決めしているのか、
住人らしき人影は、庭にも 外観から見るうちの中にも伺えませんでした。
町を歩いているのは、観光客たちです。

まいっか。。
はぁ〜・・ステキ世界に浸ろう。


RIMG1673
お昼はガイドのヨーコさんオススメ
ボートン・オン・ザ・ウォーターにあるティールーム
Smiths of Bourtonでアフタヌーンティーをいただきました。

RIMG1681
お気づきの方もいらっしゃるかな?
3段トレーに並べられたサンドウィッチやスコーンは
これが正式と言われる順番には置かれていません。^^

ヨーコさんの言うとおり、田舎町のアフタヌーンティー。
マナーはとりあえず脇に置いといて、
ティータイムを楽しみましょぉ〜♪


団体で押し掛けているため、普段なら選べる
サンドウィッチやケーキ、紅茶も、この日ばかりはおまかせです。
※パブやレストラン、ティールームは他にもあり自由行動時間。
 この日はガイドさんが行くというアフタヌーンティーにたくさんの人が集中したようです。



生野菜が添えられたサンドウィッチは、パンもしっとりおいしい。

私たちの3段トレーには、
具はハムと(イギリスの辛い)マスタード、卵のサンドイッチ。
プレーンとレーズンのスコーン。
ジンジャーケーキ、ストロベリージャムが挟まれたヴィクトリアサンドイッチ。

紅茶はイングリッシュブレックファースト。

オイシ〜〜♪♪


よかったぁ〜〜コッツォルズに来て〜〜ココロから思った私です。


一緒のテーブルでいただいたのは、
海外赴任中のパパ、プリザーブドフラワー研修で
ロンドンを訪れているパワフル女性でした。
話が盛り上がって楽しかった!

RIMG1696
またまた移動して、HUFFKINSで瓶詰めのクロテッドクリームを買いました。

欲しかったクリームナイフ。
アンティークショップで見つけました^^うれしい♪


RIMG1727

RIMG1699
だれかのお家。フォックスのオブジェ。


帰りのバスの中から
B&Bの建物の前でくつろぐ人たち。

RIMG1736

もう一度行きたいです☆