おいしいTea - Oishi-Tea -

ちょっとのHAPPYをいつもの毎日に お茶が好き ティータイムが好き 紅茶教室&ワークショップ(紅茶のタネ)を開催してます

2016年02月

スリランカのヌワラエリヤがBSプレミアムで紹介されます☆

2月24日(水)午後10時〜
NHK  BSプレミアム【世界で一番美しい瞬間】
『セイロンティー 高貴な香り放つとき スリランカ』



セイロンティーのふるさとスリランカでは、
1月、2月がヌワラエリアの収穫期。
わたしが訪れたのは3月ですが、
見渡す限り茶畑が広がる見事な景色を見せてくれました。
もう3年も経つんだぁぁ・・。

ヌワラエリヤ ティーファクトリーホテル

もう一度、あの景色、香りを体験したいです。
BSプレミアムでの放送が楽しみ。





IMG_5468
じゃぁ〜ん♪

ティーカップに茶殻。

そぉ『紅茶占い』です。

イギリスで活躍されているアンティークディーラー ウィルク弘美さん直々、
レアなティーカップと共にお話が聞けるイベントが
スシーラティーで行われたのでした。
N子先生のネットワークはすごいです。

大きな声では言えませんが・・・
昨年、紅茶ミニ講座でわたくしも
このテーマでやらせていただきました。
そのときの様子はこちらのページをご覧くださいませ。−−>>

このときの反省も踏まえて、ちゃんとした(「ちゃんとした」ってなんだ。。)
話をいつか聞いてみたいと思っていたのです。
※いやいや、わたしもちゃんと資料を調べて、せいいっぱいお勉強したのですよぉ。

IMG_5458
貴重な資料たち。

めずらしいティーカップは、現物しかり、
今まで買付けされてきたティーカップの写真集を手にご紹介していただきました。


IMG_5463
こんなポストカードも。
ティーカップには、帽子をかぶり杖をついて歩いている人物。

実際に投函されたポストカードで、(1930年代前後・・だったかな。)
裏面には「この紅茶占いが予言しているように、近い未来私はあなたに会いにいくでしょう」的な
ことが書かれているとかなんとか・・。
ロマンがあります〜

まさか、現代まで残り、
自分の手紙が(売られて)誰かに読まれてるなんて、思いもしなかったでしょうねぇ〜


ヴィクトリア時代から広まり、専用のティーカップが作られるまで人気を博した
紅茶占いも1940年以降、ぱったりその姿を消すこととなります。
現在では、イギリス人さえも知っている人はなかなかいないのだとか。

それは、なぜか・・・・。

   ・

   ・

   ・

ふむ。
ティーバッグが大量に消費されるようになったからなのでした。

ん〜〜哀愁がただよいます。

ココロに引っかかったら、今度のお茶タイム、
ぜひ茶葉で淹れてみてくださいネ^^


N子先生、手作りのデヴォン由来のお菓子たちごちそうさまでした!
とってもおいしかったです
^^☆


IMG_5415
ずっと寒かった毎日がウソのように、
会場には、日差しが差し込みました。

まるでウェディングのように華やかなお菓子たちですが、
これは日曜に開かれた『大人の休日 vol.1』のブッフェコーナー。
甘くてやさしい香りが部屋中にひろがって、
ふんわりいい気持ちになっていました。はい、わたしが・・^^。

藤原愛さん司会進行のもと、
MUSICA 堀江敏樹さんの紅茶の話では、みんなの笑い声が、
IMG_5422 
 
ソプラノ歌手 田原綾子さんの歌声には、夢を見ているような〜
IMG_5437

石井雅美さんのピアノソロでは、こころが満たされていくような・・・。 
IMG_5390
第1部・第2部とも十数名の方にご参加いただいて、
賑やかで華やかな美味しい時間を過ごさせていただきました。

会場となった築100年になるゲストハウスの洋館には、
音楽と紅茶のこだわりの品や演出がいっぱい。
気づかれましたか〜?^^

飾り棚やブッフェテーブルには、石井さん私物しかり、
堀江さんにお借りした今は幻の紅茶缶や、
スタッフメンバー ヒサコさんコレクションの紅茶缶などが、
あの空間を作り上げていたのです。

直接気づくことはなくても、きっともう
会場には、そんな“気”がふわふわ浮かんでいたんだろうなと思うな。

 
レクレ・ブランシュ 白石利江子さんのお菓子たち。
大人の休日 vol.1
冒頭の写真でもワァ〜ってなるけれど、
ホントウにおいしそうでしょぉ〜  おいしかったよぉ〜
大人の休日 vol.1
音符♪♪のピック。
お菓子と音楽のコラボを実現させてくれたもう一つのアイテムです。
ひとつひとつ手作りされたLittle Tippyさんからの贈り物。 
いま改めて写真で見ても、なんだかルンルンする。 
IMG_5407

>_<  ・・・肝心の紅茶の写真が。。
こ、こんな感じ。。
IMG_5384
一杯目はヌワラエリア、2杯目はゴバルダラ茶園 オータムナル ダージリンを
ワタシとヒサコさんで淹れさせていただきました。
※茶葉はMUSICA TEA提供。


ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
こんなステキなイベントを強い意志とこだわりで企画してくれた雅美さん、
関係者のみなさま、ありがとうございました。
みんなと一緒に
紅茶、お茶の時間のステキさを改めて実感させてくれたイベントでした。

vol.1だから、vol.2もあるよぉ〜^^

↑このページのトップヘ